本文へスキップ

守谷市の さとう内科・脳神経外科クリニック、さとうデイケアリハビリテーションセンター、さとう居宅介護支援事業所、さとう障がい者支援センター、さとう障がい相談支援事業所です。

お電話でのご予約・お問い合わせは0297-21-1710

さとうデイケアリハビリテーションdaycare

通所リハビリテーション(デイケア)

 通所リハビリテーション(デイケア)の特徴は、専門のリハビリテーションスタッフ(理学療法士・作業療法士等)が、ご利用者様の身体・精神的機能にあわせて、リハビリテーションを計画し行うことです。通常、リハビリテーションというと疾患や怪我などにより、動かしにくくなった身体を動かすイメージがあると思いますが、それだけではなく日常生活動作や運動機能の向上、義肢 装具、自助具(例:使いやすいお箸やスプーンなど)の紹介を必要にあわせてアドバイスする分野です。
 また、疾患や怪我・障害がない方や、運動不足や自宅で一日を過ごしてしまわれる方でもデイケアを利用できます。


ご利用いただける方

  • 65歳以上で、介護保険の申請をされて「要介護」及び、「要支援」の認定を受けた方
  • 40歳以上65歳未満の第二号被保険者の方で、特定疾病により「要介護」及び、「要支援」を受けた方

詳しくは、こちら(さとう居宅支援事業所)にお問い合わせ下さい

ご利用にあたって

 
定員
40名/1日
定休日
木・日・祝日(年末年始)
費用
介護保険に基づき、決まった額の1〜2割負担(衛生材料、日常用品、食費等は自費になります。)
ご見学
ご希望の方、またはご家族や、担当ケアマネジャーのご見学は、随時受付しております。ただし、事前にご予約ください。ご見学当日は、担当者が付き添い、他のご利用者様のプライバシーを侵害しない範囲で、ご質問にもお答えします。

1日のスケジュール


10:00 到着、朝の会、体調のチェック

送迎車


送迎車でご自宅から施設までの送迎サービスを行います。

送迎部門の安全運転管理責任者は、普通二種免許とヘルパー資格を有しており、日々の送迎業務を安全に行っております。

11:00 個別リハビリ、入浴

入浴設備(シャワーバス、チェアバス、一般浴、個浴)


左写真は特殊浴槽(シャワーバス)です。要介護度の高い利用者様でも安心して入浴できます。
その他にも、大勢で入浴を楽しめる一般浴、周りを気にせずゆっくり入れる個浴、座ったまま入浴できるチェアバスもございますので、幅広く対応できます。

12:00 昼食

昼食(例)


厨房には、管理栄養士が栄養のバランスを考えて調理した、和洋中の食事となります。またご利用者様の体調、飲み込み、医師の食事制限(アレルギー、糖尿病、高血圧等)のある方でも、適切な食事を提供できます。


13:00 集団体操やレクリエーション、ゲーム

集団体操


おひとりで体を動かすのは大変ですが、他の利用者様の方々と動かすと、自然と楽しく体操できますよね。

集団体操やレクリエーションは単純な運動・遊びのように思えますが、いろいろな動作をおこなうことで、筋力、全身持久力の維持や向上をすることを目的をしています。

15:00 おやつ、帰りの会

おやつ


おやつも楽しみのひとつです。洋菓子、和菓子、ゼリー等とさまざまです。

16:00 送迎出発

今日のご利用はいかがでしたか?
ご家族には体調の変化やご様子を、スタッフが連絡ノートに記入します。

マッスルスーツ軽補助モデル(タンクタイプ)

 当施設では、介護職員の腰痛負担軽減に取り組んでおります。そのため、移乗介助、入浴介助、体位変換の「抱えあげる」動作時に腰を痛めて(腰痛)退職する職員を減少させるため、または長く介護職を続けるためにも必要なツールとして「マッスルスーツ軽補助モデル(タンクタイプ)」を導入しております。

(施設での介助例)




医療法人社団 弘明会
さとう内科・脳神経外科クリニック

さとう内科・脳神経外科クリニック
さとうデイケア・リハビリテーションセンター
さとう居宅介護支援事業所

さとう障がい者支援センター
さとう障がい相談支援事業所

〒302-0117
茨城県守谷市野木崎521−1
0297-21-1710(クリニック)
0297-21-1720(デイケア)
0297-21-1730(FAX共通)
0297-21-1740(居宅介護支援)
0297-21-1740(障がい相談)
0297-21-1770(障がい者支援)


さとうクリニック第二診療所

〒302-0112
茨城県守谷市同地191−4
*外来診療は予約制になります。
ご予約は本院0297-21-1710まで。